人気ブログランキング |


「地球の歩き方」では数行、団体旅行には無い、一人旅のガイド


by 老爺爺

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
古塔
旅と地域
古建築
故城
彫刻
その他
日本に無い物
中国に無いもの
未分類

以前の記事

2019年 04月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

フォロー中のブログ

最新のコメント

A skn.wsdj.s..
by ifodabi at 04:56
When cdc.zsu..
by akinukdo at 23:21
Usually nop...
by okebhozirujij at 18:34
Both jys.pzz..
by aenuxcu at 23:41
If kxv.ghet...
by emucoja at 23:41
> 李君さん 牌坊は、..
by songofta at 09:36
こんにちは、李君でござい..
by 李君 at 20:07
小弟拜服
by barr at 12:49
Wow lots ..
by GerryWhibe at 04:02

メモ帳

最新のトラックバック

instant cryp..
from instant crypto..
http://www.y..
from http://www.ynm..
right here o..
from right here on ..
http://earth..
from http://earthjp..
see this web..
from see this website
MIUI10 Launc..
from MIUI10 Launcher
fortnite aim..
from fortnite aimbot
generic levi..
from generic levitr..
bcbweb.bai.n..
from bcbweb.bai.ne.jp
click the fo..
from click the foll..

ライフログ

検索

タグ

最新の記事

目次8 中国古建築周辺のあれこれ
at 2019-04-30 17:17
269 蘇州古建築の瓦葺きで..
at 2018-08-11 19:24
268 蘇州古建築の瓦葺きで..
at 2018-08-11 19:01
267 中国古建築のほぞと継..
at 2018-07-22 13:20
266 中国古建築のほぞと継..
at 2018-07-22 13:03
265 中国の瓦葺きについて
at 2018-06-29 22:04
264 隔扇門窗2~ 障子の..
at 2018-06-12 22:00
263 隔扇門窗1~ 障子の..
at 2018-06-12 17:59
262 中国の門 碰釘子~行..
at 2018-06-08 10:45
目次7 中国の古建築技法”以..
at 2017-10-26 20:32
261 建築実物
at 2017-10-26 20:29
260 隋唐建築の対外影響 
at 2017-10-15 20:02
259 工程管理機構と工官、..
at 2017-10-10 14:12
258 工程管理機構と工官、..
at 2017-10-10 13:38
257 隋唐の建築技術 ..
at 2017-09-14 16:45
256 隋唐の建築技術 土木..
at 2017-09-11 14:34
255 隋唐の建築技術 ..
at 2017-09-08 17:36
254 隋唐の建築技術 (2..
at 2017-09-02 20:53
253 隋唐の建築技術 (1..
at 2017-08-31 09:54
252 隋唐の建築技術 木構造
at 2017-08-29 22:40

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
歴史

画像一覧

226 用材の制度3 ”材分”制の淵源

中国古代建築史 (抜粋) 巻三

第十章 建築著作と匠師



(2) “材、分”モジュールの淵源
 “材、分”モジュール制は結局、何時木構造建築に応用され始めたのか、はっきりとした記載は無く、材と斗栱の密接な関係から、材の概念は斗栱の発展過程中で形成されたと考えられている。史料を看ると、最早の斗栱は一種の大斗で、西周初期の銅器“矢令毀”上に見える(図10-32)。矢令毀は建築ではないとは言え、その表面に建築の斗栱等の物を模して雕飾し、《礼記・礼器》一書に記載がある。従ってこの令毀上の斗は当時の建築物上の斗栱の斗に当るとすべきで、この大斗は4本の短柱上に置かれ、斗の間は横方向に連絡して斗口中に嵌入する。この種の柱、斗、横木(方)の組合せ関係は、後世の建築物上に見るものとそっくりである!斗と栱の組合せが一緒に有る例で現存最早の材料は、戦国期の采桑猎鈁(図10-33)と戦国期中山王陵の銅方案(図10-34)である。
e0309314_16194275.jpg
  前者は、浮彫類の雕飾で、斗栱形成の刻画は明瞭さに欠け、後者は精細な加工になっている。銅方案の四隅は等しく竜頭があり、頂上には短柱があり、柱上に斗と横肘木を置き、肘木の両端は、又短注と斗があり、方案四周の框を承け、框の1辺は1本の方形の横木で、斗口内に嵌入する。その斗は、耳、平、欹(注;斗耳、敷面、斗刳のこと)各部分の比は均しく、輪郭は優美である。この例から推測すると、建築上の斗栱は、造型は已にかなり考えられていて、肘木、横木は、枘と枘孔の形を以って斗口の構造方式が已に一種の定型的構造として運用されていた。只、提供された形象と一般建築物上に所用の肘木は異なる。漢代になり、言うまでもなく画像磚や崖墓、明器の中に、更に漢闕中(※注3)に斗栱として見出す事が出来る:簡単なものは大斗があり、上に肘木を置き、肘木の上に3個の散斗(注;巻斗のこと)があり、その上に横木を承け、典型的なものは四川省牧馬山出土の東漢の明器(図10-35)、四川省渠県馮煥闕、沈府君闕と山東省高唐漢墓である。複雑なものは、1組の斗栱の上に2,3層の肘木を置き、肘木は同じ断面を有する、例えば河北省望都漢墓出土の望楼である。明器にはまだ柱或は牆壁から方形木を出跳し、肘木の断面と同じで、これは当時已に統一した“材”の概念があったことを物語る。
     (※注3)漢闕:漢代、宮門の両脇に設けた物見やぐらの台
e0309314_16195266.jpg
  漢代の建築遺物中、四川省雅安の高頤闕は、“材”の運用に対して更に一歩前進している。高頤闕は紀元209年に建てられ、それはその頃の陵寝建築前の門闕で、且つ石構造で建造されたもので、その細部は全て模擬木構造の浮彫形式で、そのため木構造建築の一端を垣間見る事ができる。
高頤闕は母子闕で(図10-36)、母闕の垂木部分は3組の完全に整った斗栱と3個の大斗を備え、子闕部分は只2組の斗栱と3個の大斗で、ここから2個の大きさの異なる闕に使用する大斗の中に、たくさんの棟梁が材を用いた意図が反映されている。
 ①母闕の3組の斗栱中、肘木の形は弓形(弓臂)と曲線形(曲臂)の2種が有るが、それらは共同の材と栔が使用されており、且つ肘木の材高さと上部横木(方)の材高さは完全に同じである。
 ②子闕の2組の斗栱と横木は共同の標高を持つ
 ③子闕と母闕の隅斗栱は、均しく横木の断面が出跳し、即ち“材”の大きさは、子闕と母闕の用材寸法が異なるが、断面の高さ幅の比は大体同じで、子闕の材は高さ幅の比が11.20:10、母闕の高さ幅の比は11.21:10。此れにより、それは異なる等第の材を使用する概念を持っていたことが証明される。量斗栱の材寸法は、表10-4を参照せよ。
e0309314_16222537.png
 高頤闕は異なる等第の材を使用したことにより、子闕と母闕の異なる尺度と体量の部分を別け比較的に成功した。 ④母闕または子闕の①組の斗栱毎は言うまでもなく、肘木の造型がどう変化しようとも、斗は肘木或は横木と一緒に組合さる時、全て同様の構造組合せ方式を採用して、1材の大きさの断面が斗口中に嵌入し、木構造の標準化された節点構造の工法を反映している。
 高頤闕は四川にあり、一地方長官の陵墓の門闕であり、建築等級は高く無く、却ってこの様にある種の木構造建築の用材の基本概念を体現しており、当時の材、分制運用の細かい差を想像することが出来、工匠の材、分制運用が已に一定の熟練に達したことを説明している。
e0309314_16210518.jpg
 この他に、山東省両城山出土の漢の画像石中に、斗栱の図形が描き出されている(図10-37)。この図では出跳した肘木が横木より大きく、或は足材を用いた肘木に比べても良いかも知れず、工匠は大きくした部材断面の方式で張り出した荷重を承けた。類似の例は、明器中にも見ることが出来、出跳した肘木の断面は高く、一種の足材の肘木の雛形の使用ともみえる。これは正に、“材”に対して強度を付与した概念の体現である。
e0309314_16211389.jpg
 同時に、文献中に漢代“材”の重視を看る事ができ、《漢書》記載の、漢代建築工程を主管した将作大匠は、所轄の下級官員に、已に専門に“材”を主管する官吏が有った。
 西晋初年、《傅子》がかつて、“大きな建屋を構える者は、先に匠を選び後に材を選ぶ(簡材)”と指摘した。李誡はこの句を根拠に注釈して、ここで言う所謂“材”は一般材料の材では無く、正に“方桁”を指し、つまり四角い木のことであると知ると。“材を選ぶ(簡材)”もまた建築の用材等第を選ぶことで、これは当時已に大きな建屋を建造する人は真っ先に解決しなければならない問題と認識されていたのである。
 南北朝、隋唐、五代の発展を経て、北宋に至り、“材、分”モジュール制はとうとう成熟の段階に到達し、現在《法式》が表す用材制度の推賞だけでなく、“材、分”の高さ幅の比は《法式》が出来る前の宋代遺構中で日を追って統一されていった。下表に列挙する33棟の建築の用材の情況から知れるのは、10世紀以前の例の中に、ある材は高さに偏り、有る材は正方形に偏り、材の高さ幅の比は15:10(±0.5)の範囲内の建築はたった1/3を占めるだけだが、11世紀になると材の高さ幅の比が15:10(±0.5)の範囲内の建築は91%で、12世紀の遺物中の80%を占めて、ここから見られるのは、《法式》の材の高さ幅の比15:10は正に建築実践の基礎の上の結果であることである(図10-38)。
e0309314_16224251.png
e0309314_16224936.jpg
 それとは別の面で、宋代の社会世論の“材、分”制に対する推賞も未曾有のことであった。“材”は北宋では又“章”と称し、所謂“章”は”章法”のことである。李誡が言った“たてものを後世する法は、その規矩制度は皆、章を以って祖とする(構屋之法、其規矩制度皆以章為祖)”は、人に対する“物腰の慌てふためく者は、これを条理を失い定めを失うと言う(挙止失措者、謂之失章失栔)”を建築に喩えて借用したもので、用材制度はこの様に章法から、全国の建築工程を管理するのに必須であると看做し、以って失章失栔のじょうきょうが出現することを免れ、正に《法式》が法規性の典籍として全国に発布された目的の一つなのである。
 北宋滅亡後、南宋時代は南方の工匠が《法式》を熟習し、当時の官式建築に運用して、再版を重ねた。ただし後には、何度かの戦乱を経て、発達した中原文化は、奴隷主の貴族統治の掃討を受けて落伍していき、“材、分”モジュール制は小さな流れになって消失し、変わって清代の“斗口”モジュール制が起こって来る。

(3) “材、分”モジュール制と“斗口”モジュール制の比較
 “斗口”モジュール制は清朝の工部による《工程做法》に載るもので、この種のモジュール制の特徴は、斗栱の建築中、斗栱の斗口の寸法を以ってモジュールとし、建築の桁行や梁間、及び梁、柱、斗栱等の大きさを判断するものである。《工程做法》巻二十八の斗科工法中、斗口モジュールでの製作に以下のような記載がある;“凡そ斗栱上の升、斗、栱、翹等の部材の長短、高さ幅寸法は、全て平身科を以って迎面安翹とし、尾垂木斗口(昂斗口)の幅寸法を以って詳しく算定する。斗口には、頭等才、2等才から11等才、即ち頭等才は迎面安翹、昂斗口は幅6寸、2等才は斗口幅5寸5分、3等才から11等まで各所5分を減じ、斗口の寸法を得る。” 表面的に見れば、“斗口”モジュール制と“材、分”モジュール制とは、非常に似ていて、斗口は材幅に相当する。人によっては両者が名称が異なるだけで実際は同じと思えるかも知れず、且つ“斗口”モジュール制は“材、分”モジュール制に比べ等級が増えて、寸法の増減が画一的であり、栔の名称を取り消せば、これらは運用にもっと便利で、進歩と言うべきだと思える。けれども“斗口”モジュール制は、“材、分”モジュール制に比べて先進的なのだろうか?実際はそうではなく、斗口モジュールは“材、分”モジュール制が持っていた深い理念は継承していない。建築設計と施工の中で、“斗口”モジュール制の地位は“材、分”制モジュール制に遠く及ばないのである。
  (注)用語:清代の用語として、
   科=科は清代の斗栱の呼称。柱頭科は柱頭斗栱のこと。
   升=肘木の両端、上下2層の間で、上層の肘木を承ける小斗。
   翹=形象は栱(肘木)と同じ。宋代の華栱(出跳する肘木)のこと。
  平身科=所謂、中備えで中唐斗栱の間に増設した斗栱のこと。
  迎面安翹=
 清の《工程做法》中の斗栱の肘木と横木の断面比例は14:10と20:10の2種で、これは《営造法式》の単材と足材の比例に近いが、“斗口”モジュール制は運用時に、肘木と横木の断面の関係が探し出せず、例えば斗口を用いて梁のモジュール単位を作ると、《工程做法》にの規定に拠れば以下の寸法が得られる:(7架梁を例にする)
   梁の幅=金柱径 + 2寸=6斗口+2寸+2寸=6寸口+4寸
   梁の高さ(成)=( 6斗口+4寸) ✕120%
   梁の断面高さ:幅=12:10
 この様な大梁断面の高さ幅の比は、“材、分”モジュール制で量って得られる大梁断面のたk差幅の比と比較して、科学性が低落して、部材は太過ぎる様になる。これは“斗口”モジュール制が、“材、分”モジュール制が持っている特有の双方向の寸法モジュールの特徴を具備しておらず、このため、材分モジュール制の包含する強度概念を失ってしまって居るためである。
 清式の梁架構構造の節点の多くは、二度と斗口モジュールの発生が必要となるような連携はなくなってしまった;宋式建築の大梁でおよそ斗栱に架け渡すものは、1個の材或は幾つかの材と幾つかの栔の断面の大きさを以って、斗口に何個も進入することを要求するが、清式建築ではこの種の構造法式の運用は已に大々的に減少してしまっている。又宋式建築は梁架に縦向きに攀間(梁の蜀柱と蜀柱を繋ぐ横木)を使用し、小型の建屋は単材の攀間を用い、大型の建屋は双材の攀間で、攀間は梁柱と交叉する時も全て材を以って基礎とし、部材の組合せを進めた。清代は三位一体の檩、墊、枋工法を用いるが、その節点構造に“斗口”モジュール制との関係は存在しない。これにより、“と口”モジュール制は、只、斗栱の組合せの中に構造概念が含まれるだけで、梁架構のその他の部位の節点構造の処理には無関係である。
  (注)檩、墊、枋:いずれも梁と梁を横に繋ぐ桁で、檩は垂木を直接承ける桁、枋は一番下の桁、墊はその間の隙間を埋める桁
 《法式》は、材を8等に分け、どの等第も使用範囲を規定し、これによって建築群内の建築尺度を管理する手段の一つと成る。《工程做法》 巻二十八は“斗口”モジュール制を紹介する時に、各等第の斗口の使用範囲を未だ詳細に規定していないとしている。その前の二十七巻は、各種規模と類型の建物の大木作工法を分けて紹介しているが、言及する斗口の使用範囲は、4寸、3寸、2.5寸に限られている。現存の実例中、4寸以下の各種斗口の運用が見られるとは言うものの、終始6寸、5.5寸斗口の建物を見ることは出来ず、これにより今に至るも1等、2等斗口の実際の意義がどこにあるのか不明である。《工程做法》中には、《営造法式》の中にあるような一つの建築群中の建物の用材が整合する関係を作るような明確な規定も無い。凡そこの各種のことは、“斗口”モジュールが建築尺度方面の概念が弱体化している事を反映している。
 “斗口”モジュール制に出現するこのような情況は、主要な原因は清式建築斗栱の構成の功能が弱体化し、寸法も大幅に減少し、実例中最大の斗栱が城楼に使用する4寸斗口で、それは宋式建築の6等材に相当するに過ぎないのである。総じて“斗口”モジュール制は已に基本的に“材、分”モジュール制の特徴を失ってしまい、数字モジュール制に近づいているのである。



  ⇒ 目次7 中国の古建築技法”以材為祖”


  ⇒ 
総目次 
  ⇒ 
目次1 日本じゃ無名? の巻
  ⇒ 目次2 中国に有って、... & 日本に有って、... の巻
  ⇒ 目次3 番外編 その他、言ってみれば      の巻
  ⇒ 目次4 義縣奉国寺(抜粋)中国の修理工事報告書 の巻
  ⇒ 目次5 日本と中国 あれこれ、思うこと     の巻
  ⇒ 目次6 5-8世紀佛像の衣服
by songofta | 2017-05-21 16:31 | 古建築 | Trackback(20) | Comments(0)
トラックバックURL : https://songye.exblog.jp/tb/25789204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ブライトリング ブティッ.. at 2019-03-18 16:46
タイトル : ロンジン マスターコレクション かめ吉
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from ゼニス ロッド 口コミ at 2019-03-18 17:53
タイトル : iwc 時計 オフィシャル
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from フランクミュラー レディ.. at 2019-03-19 03:18
タイトル : ブライトリング 時計 札幌
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from ブルガリ 時計 防水 at 2019-03-19 05:08
タイトル : http://usocean.info/__media_..
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from フランクミュラー レディ.. at 2019-03-19 12:20
タイトル : ロレックス 宝石広場
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from ハミルトン カーキ レガ.. at 2019-03-20 10:52
タイトル : http://www.0239988.com/
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from タグホイヤー リンク 中.. at 2019-03-21 01:46
タイトル : トリニティ ドゥ カルティエ ブレスレット
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from ゼニス キャプテン 価格 at 2019-03-22 09:09
タイトル : ガガミラノ ベルト 外し方
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from ロイヤルオーク オーデマ.. at 2019-03-22 09:12
タイトル : ブルガリ プールオム ドルガバ ライトブルー
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from オメガ シーマスター プ.. at 2019-03-23 01:44
タイトル : http://indiaserver.com/
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from オメガ時計 カタログ .. at 2019-04-23 04:50
タイトル : パネライ ラジオミール 210
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from バルジュー 7750 ブ.. at 2019-04-24 10:03
タイトル : ロレックス レディース 30万
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from ブルガリ 指輪 ビーゼロワン at 2019-05-21 17:37
タイトル : similar resource site
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from ブライトリング b01 .. at 2019-05-22 05:38
タイトル : オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400 発売日
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from ブライトリング クロノマ.. at 2019-05-22 15:14
タイトル : フランクミュラー 4s
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from メンズ腕時計 レザー .. at 2019-06-03 01:38
タイトル : ロレックス 腕時計 デイトジャスト
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from カルティエ ネックレス .. at 2019-06-08 00:05
タイトル : ガガミラノ 直営店
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from ゼニス アートマ 場所 at 2019-06-17 02:44
タイトル : ゼニス アートマ 場所
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from http://I-4-m.. at 2019-06-18 20:43
タイトル : http://I-4-media.Org/
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
Tracked from ハミルトン レディース .. at 2019-06-20 12:12
タイトル : ハミルトン レディース オープンハート
226 用材の制度3 ”材分”制の淵源 : 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅... more
名前
URL
画像認証
削除用パスワード